1章 赤い石 (1/2) ~ 面倒でおかしな旅の道連れ

1 赤い石

 

 

「ここは子供の遊び場じゃないぞ」

酒場の店主は、注文の品をカウンターに置くついでに嫌味を言った。

むかいに座っていた幼な顔の少女は、ドキリとしつつも、一応左右を確認した。両隣に客はいない。やっぱり自分が言われているのだ。

「私、十六よ。童顔だから子供っぽく見えるけど」

そうは言ったが、本当はまだ十三歳だ。ララは疑われないよう、不機嫌そうな表情を作ってみせた。髪の薄い店主は、それでも疑わしげな目をむけている。

「ちゃんとお金だって払ってあるじゃない。食事しにきただけだからお酒は頼まなかったけど、普段はお酒もタバコもやるんだから」

ポケットからタバコを取り出し、口にくわえて魔法で火をつけた。肺に煙が入らないように吸ってみせる。店主は納得したわけではなさそうだったが、ほかの客が呼んだので、肩をすくめながらそちらの注文を取りに行った。

店主が目を離すと、ララはすぐに煙を吐きだし、タバコの火をもみ消した。興味本位で一本だけ持っていただけで、タバコをやるなんていうのは嘘だ。煙たくて吸えたもんじゃない。

一人で酒場に入ったのだって、本当は今日が初めてだった。

歳を偽って酒を飲みにきたわけではなかったから、目の前にあるのは好物の糖蜜プリンだけだ。でも、せっかく頼んだおいしそうなおやつも、緊張でほとんどのどを通らない。どんなに取りつくろっても、十三歳の少女にとって、酒場は未知の領域だ。そんな場所にあえて一人で乗りこんだのは、人を探すためだった。昨日の夜、旅の道連れとケンカ別れしてしまい、目的地に行くための新しい案内役を、急きょ探さなければならなくなったのだ。

ララは気持ちを落ち着けようと深呼吸をし、かえってよどんだ空気を吸いこんで咳きこんでしまった。真っ昼間から、店の中はむさ苦しい男たちでいっぱいで、タバコの煙がもうもうとしている。ララのように食事だけの客もいるし、酔っている客もいる。テーブルをかこんで賭け事をしている客もいた。ほとんどは地元の人間のようだったが、見るからに旅人のようなのも何人か混じっていた。あの中に、自分と同じ目的地の人がいるかもしれない。

ララは気をとり直して、背筋をのばし、短めのスカートをはいた足を大人っぽく組んでみた。木いちご色のゆるやかな巻き毛を、薄紅色のマニキュアをした指で掻きあげてみたりもした。実はこのマニキュアも本物ではなく、赤い花弁をすりつけて爪を染めていた。同じものを唇に塗って、口紅のかわりにしている。色は薄いが、それらしく見えるのだ。

めくれあがったスカートの裾を引っぱりながら、人の群れを観察した。でも、口うるさい店主以外、おめかしをした自分に注意を払っている人は見当たらない。

やっぱり自分から声をかけなきゃダメかな?

想像しただけで、ララの頬は真っ赤になってしまった。澄まし顔をしていても、動揺は隠しきれない。カウンターの下では、床に届かない足を無意識にぶらぶらさせたり、何度も組みかえたりしてしまっていた。

「君、一人?」

そう声がして、驚いて飛びあがりそうになった。
次のページ