2章 ホタル草 (1/4) ~ 子うさぎの話

2 ホタル草

 

 

「あの子、目が三つついてた……」

ほとぼりが冷めたころ、ララは言った。すでにジャングルのさらに奥深くへとわけ入り、追っ手の気配はない。まっ暗でまわりがよく見えなかったが、目立たないよう明かりは持たなかった。川岸を歩くのは避け、迷わないよう水音が聞こえる程度に離れたところを進んでいく。木々が黒々と空を塞いで月も見えない。

「おばあちゃんが昔話で、古代人は肌が黒くて三つ目だったって言ってたの、聞いたことある。もしかして、さっきの子、古代人かな?」

「そんなもん、いるわけないだろ。作り話だよ。寝ぼけてたから、飾りでもつけてたの見間違えたんだ」

カラスはまだピリピリした様子で、まわりに気を配っていた。でもララの話には興味なしだ。

「ほんとに、本物だったよ。瞬きしたもん。光ってたし」

「光ってて、瞬きするような飾りだって、その気になりゃ作れるさ。同じのをマヌ王もつけてる」

「なんで?」

「古代人のフリして、いばってんのさ。国家ぐるみのペテンだ」

なんでそんなことするんだろう、と考え、ハッとした。

「じゃあ、さっきの王様?」

「んなわけないだろ。なんで王様がここにいんだ」

「おばあちゃんからあずかってる石、欲しがってるみたいだった」

「目立つからねらわれたんだろ。賊に襲われたんだ。高く売れると思ったんじゃない? 危ないから隠してとけよ」

ララはそう言われてうつむき、石のことを考えた。

おばあちゃんも、石をママ以外の人にあげたり、無闇に人目にさらしちゃいけない、と言っていた。なのに私は、石があんまり綺麗だったから、首飾りのつもりでぶら下げていた。酒場の男にも見せびらかした。

こんなことになったのは、やっぱり私のせいだろうか。カラスもそう思っていらだっているのかもしれない。

もし、ママが受け取らないか、なにかの理由で渡せなくなったときは、私が持っていることになっている。それもできないようななにかが起こったときは、信頼できる人間の手に渡るようにしておけ、とも言われていた。

でも信頼できる人間ってだれだろう? カラス? それとも、魔の森に居残っている弟子たち? それくらいしか思い当たらなかったのでそう尋ねると、おばあちゃんからは『自分で決めなさい』と言われてしまった。でも今まで一度もそのことを真剣に考えたことはなかった。そんな人が必要になるようなことなど起こらないだろう、と思っていたからだ。

まさか、寝込みを襲われて、カラスが人を刺すようなことになるなんて……

「滝壷に浮いてた人たちのこと、どうしたの?」

ララは勇気を出して聞いた。

「感電させた」

「それは見ればわかるけど……」

「気絶させただけだよ」

本当かな?
次のページ