6章 帳の中に策をめぐらし (1/3) ~ 大事件の事後処理

6 帳の中に策を巡らし

 

 

マヌ王リュージュは、近衛隊の副隊長や司法官からアシュラムのしたことを聞かされても、すぐには信じられなかった。

「あいつがそんなことをするなんて……」

思わず口をついてそんな言葉が出る。

リュージュは寝巻き姿のまま、静まり返った大食堂の椅子に座っている。床まで届く長い髪は邪魔にならないよう一本に束ねてあり、祭礼用のケバケバしい化粧はもう落としていた。その素顔は、額に第三の目がついていることを除けば、ごく普通の青年と変わらない。小柄で童顔なので、二十五歳という実年齢より若く見えた。

十二人掛けの長テーブルの上にはなにもなく、上座の王の横には、近衛隊の副隊長のナーディルと、宰相のシャンタンが立っている。二人とも、今夜近衛隊長の起こした一連の騒ぎに対して王が下す判断を待っていた。窓にかかった御簾の隙間からは、夜明け前の青みがかった光がぼんやりと差しこみはじめている。

 

 

リュージュとアシュラムのあいだには、王と家臣という関係以上の絆がある。二人は乳母兄弟で、赤ん坊の頃からのつきあいなのだ。

アシュラムの一族は歴代の王に仕えてきた戦士の家系だ。母親はその手の中でも将軍級の名家の出身。一方父親はチタニア人とマヌ人の親を持つ混血の下級兵士だった。アシュラム自身は、そんな不釣りあいな夫婦の道ならぬ恋の産物だ。緑色の瞳は、祖母と父親の瞳の色が遺伝したものである。その父親は妻の妊娠中に早々と戦死してしまい、残された未亡人は生まれたばかりの息子を抱えて大胆な賭けにでた。

「母さんは俺の瞳の色が緑色だったから、将来出世できないんじゃないかって、心配したんだ。父さんがそれで苦労したから。……そりゃ立派だと思ってるよ、でも最後まで使いっ走りだった。まわりとは違う目のせいで、よけいな不幸を背負いこんだんだって、母さんは言ってた。だから俺がそんな苦労しなくて済むように、乳母になろうなんて思ったのさ。駆け落ちだったから、実家にも帰れなかったし。とにかく母さんには俺しかいないんだよ」

まだほんの十歳くらいの子供の分際で、アシュラムはそんな風に語っていた。自分の境遇を悲観したり、不満を持ったりもしないで、不思議と大人びた表情で。今思い出すとませすぎてておかしい。

乳母のねらいがなんであれ、二人は人里離れた田舎の屋敷で、ともに平和な幼少時代を過ごした。

でも十一のとき、乳母は熱病で他界し、乳母子のアシュラムは、それまで絶縁状態だった母方の親族のすすめで、黒龍山という場所にある名門の道場に入れられた。そこを出たあとは、前王の統治下で、父親と同じく兵士として国内の戦場を転々としたという。

屋敷ではいつも一緒にいたのに、離れ離れになってから、アシュラムはずっと僻地や危険な場所にいたので、手紙のやり取りもできないままだった。

だがその十年後、彼とはヴァータナ宮殿で、思いがけない形で再会することになった。

前王が亡くなって、次の王をだれにするかで揉めていたとき──マヌ南部の内戦の制圧に携わっていたアシュラムが、突如戦場を引きあげて宮殿に姿をあらわしたのだ。

通常なら第三の目を持つ者を王にすればいいのだから、王選びは迷いようのないことなのだが、そのときだけは第三の目を持つ者が二人いたので、揉めにも揉めていた。有力者たちによる話しあいだけでは決着がつかず、王が不在の状態が何十日もつづいていた。そのうち官吏たちはリュージュ派とクレハ派に分裂し、宮殿にはおたがいの暗殺の噂まで飛び交うようになっていた。

そんな不穏な空気が漂う中、アシュラムは、これからは僻地ではなく主君の身近で仕えたいと直談判しに来たのだった。

ひさしぶりに会ったアシュラムは、剣術も学識も、とっさの判断力も、人の上に立つ魅力も、どこをとっても非の打ちどころのない男に成長していた。若くしてすでに戦場でいくつもの戦果をあげ、指揮官としての頭角をあらわしていた。それに比べたら自分はあまり進歩していないような気がする。リュージュが少し気後れする思いで、幼馴染みの成長ぶりを誉めると、彼ははにかんで言った。

「私がここまで来れたのは、リュージュ様のご加護があったからです」

ほかの者が言ったら見え透いたお世辞にしか聞こえなかっただろう。だが、良いことはまわりのおかげと言って感謝し、失敗は自分の責任にする──アシュラムは昔から、そういう奴だった。

 

 

脱獄があってから、二時間ぐらい経とうとしている。リュージュは寝ているところを夜勤の衛兵に起こされ、しばらくして駆けつけてきた近衛隊の副隊長から、くわしい状況説明を受けた。偶然監獄の見まわりに来ていた司法庁の役人に暴行し、西門の衛兵を負傷させた挙げ句、バザールの倉庫で氷男を殺害したこと。そして赤い魔石を持ち出し、囚人を連れて始祖鳥でヴァータナを飛び立ったこと。普段ならこうした報告はすべて隊長のアシュラムがやっていることだが、副隊長のナーディルの段取りも申し分なかった。
次のページ