8章 幼女と少女と女と老女 (1/3) ~ やきもち

8 幼女と少女と女と老女

 

 

老人が言っていたよりも少し早く、エンゾの村に着いた。なだらかな丘陵に、耕作地や牧草地がパッチワークのように広がり、その中央に二十軒あまりの藁葺きの民家がある。森にかこまれた小さな村を吹き抜ける風は暖かく、清清しい牧草の香りと、家畜の糞の甘ったるい匂いが混じっていた。

最初に見た村人は、ララよりも小さな女の子だった。少し離れた木の柵のむこうで、枝を振りまわしながら、一人で七頭のヤギの番をしている。見慣れない来訪者に気づくと、じっとこちらを観察しはじめた。カラスもアシュラムも、それに気づいても無関心だったが、通りすぎるときにララが手を振ると、女の子のほうも笑って手を振り返してくれた。

次に会ったのは二人の若い農婦だったので、今度は道を聞いた。農婦たちはぶどう棚の下でお茶を飲みながら、おしゃべりをしているところだった。二人とも頭にターバンを巻いていて、畑仕事をしているせいで、素焼きの茶碗を持つ手がかなり荒れている。服は着古していても、木や真鍮のアクセサリーはジャラジャラつけていて、二人とも乳牛のように胸が大きかった。

ララは農婦たちが話しているあいだ、ずっと胸ばかり見ていた。少し大きすぎる気もするが、鏡の前でよせたり上げたりしても谷間のできない自分の胸とは大違いだ。

「ザレスバーグ? 聞いたことないわね。トゥミスの近くなら、ここからヴァロスっていう街道ぞいの街に行って、そこからトゥミス方面の駅馬車を乗り継いでいくのがいいんじゃない? 直通の馬車はないから。行った人の話だと、ひと月ちょっとかかったって。ここからヴァロスまでは歩いて丸二日かかるから、明日の朝行ったほうがいいんじゃない?」

青いターバンを巻いた年上らしい農婦が、考えながら答えた。それが正しいなら、アシュラムが最初に言った六十日よりも早く着くかもしれない。

すると隣に座っている桃色のターバンの農婦が、青いほうの話に茶々を入れた。

「ちょっと待ってよ。トッポがトゥミスに行ったときは、ひと月どころか半年もかかったよ。ヴァロスで夜通し走れる長距離馬車がいっぱいで、乗れるまで二週間待って、ほかのところで乗り継いだときも、やっぱり同じくらい待たされたって」

「あいつ馬鹿だから要領悪いのよ。だって三十回も乗りかえたんでしょ? 私のひいおじいちゃんのときは、七回しか乗り継がなかったって言ってたよ。それに、割り増し料金払えば、優先的に乗せてもらえるんだって」

「えぇー、嘘ぉ!? そんなの聞いたことない。でも割り増し料金っていくら取られたの?」

「忘れちゃったあ。値段聞かなかったかも」

農婦たちはそんな調子でぺちゃくちゃと二人でしゃべりはじめた。

「ここで馬を調達できないか?」

女たちのおしゃべりに見切りをつけたように、アシュラムがたずねた。

「ラースの店って、今ちょうどいい馬いたっけ?」

「いたいた」

「駅馬車より、自前の馬のほうがいざというとき自由がきく。馬で行こう」

アシュラムは連れに提案した。カラスは、とんでもない! というような口調になって答えた。

「馬買う金なんてねえよ」

馬と馬具をそろえる金があれば、トゥミスまでの三人分の馬車代を払っても、まだおつりがくる。

「私が買う」

「本気かよ……?」

農婦たちはこのやり取りを聞くと、アシュラムのほうを見て「お金持ちなのね」と言って笑った。アシュラムは煙たそうに目をそらした。
次のページ