11章 デビルズ・マッシュルーム (1/3) ~ 快楽主義者

11 デビルズ・マッシュルーム

 

 

やわらかな光の網が、白いドーム型の天井でゆらゆら揺れている。天窓から射しこむ光が、プールの水面に反射しているのだ。室内プールのある寝室は薄暗いので、小さな天窓から光の帯がさしているのがよく見えた。夜のうちに水面に浮かべたロウソクの火は、もう燃えつきている。今は朝だ。

広いベッドの上では、黄金色の髪の美女がなにもかけずに裸で仰向けになっていた。銀の皿に注いだ蜜のように輝く髪を広げ、何十個もの宝石をつなぎあわせた豪華な首飾りを、乳白色の肌に直接身につけている。それでも女の青い目は、死んだ魚のように生気がない。なめらかなサテンのシーツを背に、まるで目を開けたまま眠っているかのように、光の踊る天井を見つめている。

「生きてるか? アデリーナ」

隣で一緒に寝ていたリュンケウスは、女の顔の上で手をひらひらさせた。もう五十過ぎているが、歳の割に節くれ立っていなくてシミもなかった。力仕事をしない手だ。彼はもう何十年もまともに剣を振るっていない。かわりに伝票をつけるための羽根ペンを持ち、上等な保湿油を毎日欠かさずすりこんでいる。リュンケウスは商人だった。間違っても昔のように、自分の身を危険にさらすようなことはしない。

「今のところ」

とアデリーナは答えた。

彼女はもうじき三十になる。まだまだ容色は衰えていないし、色気なら十代の頃より磨きがかかったくらいだが、踊り子としてはもう若くはない。

「またなにか企んでるのか?」

アデリーナはそう言われて、やっと話し相手のほうに顔をむけた。

「『また』ってなに? 企んだことなんてあった?」

「また俺になにか買わせようとしてるんじゃないか? 今度はなにが欲しい」

リュンケウスはなんでも買えるぞ、と言わんばかりに笑った。とにかく金ならうなるほどあるのだ。『愛だ恋だと面倒なことをほざく女より、金で買える女のほうが正直でいい』彼は以前そう言った。

「そんなんじゃないわ」

アデリーナは少し不満げに答えて、また上をむいた。

「朝は嫌いだなって思ってただけ。夜のほうが好き」

「どうして?」

「夜になったらなにもしないで寝るだけだけど、朝になったら嫌でもベッドから起きだして、働いたり、いろいろ考えたりしなきゃならないでしょ? だから嫌い」

胸にのせた大粒のエメラルドを、青いマニキュアをつけた指先でもてあそぶ。リュンケウスは腕枕をしてその仕草を見ていた。

生きるということは、炎天下で氷に彫刻するのと似てる──近頃アデリーナはそんな風に感じていた。たとえば、ある人間にあたえられた一生を、巨大な氷の塊だと考えてみる。生まれた瞬間からそこに思い出を刻みはじめ、ただの塊は次第に様々な形の彫刻になっていく。でも、冷たさに耐えながらどんなに懸命にノミを入れても、塊はどんどん融けてき、どんな形の氷像も最後には跡形もなく消えてしまう。氷から手を離して休めるのは、死んだあとと眠っているときぐらいだ。

「朝になっても、ずっと寝てればいい。俺がいればほかの客をとる必要はないし、ベッドの上で一日中なにも考えないでいればいい」

アデリーナは不可能なことを言われて、背中をむけた。

「私は考えちゃう人なの。あーあ、ずっと眠っていたい。日がのぼったときから沈むのを待ってる。毎晩寝るために生きてるようなものよ。そんな風に毎日繰り返して、最後には死ぬの。不思議よね。なんのためにがんばってるんだか」
次のページ