13章 再会 (1/4) ~ 青い爪の踊り子

13 再会

 

 

ザレスバーグの海は、夕日に照らされて黄金色に輝いていた。

町は崖にかこまれた入り江の中にあった。内海は砂浜になっていて、そこから崖の上へは少し急な傾斜地になっている。斜面には白い箱形の家々がよせ集まって、そのあいだを縫うように細い路地とたくさんの階段がある。まるで岩に群生する貝のような具合だ。

馬に乗った旅人たちは、淡い光の残る崖の上の草原から、町を見下ろしていた。 ヴァータナを出てから、およそふた月。ララたちはとうとうザレスバーグにたどり着いた。

沈みかけの太陽は崖側にあり、町と岸壁は青みがかった影の中にあった。家々の窓にぼんやりと灯がともり、台所から夕げの煙が立ちのぼっている。

カラスは馬から飛び降りて崖っぷちまで走っていき、松林のむこうの海へと、思いきり石を投げた。ララは潮の香りのする夕なぎを胸いっぱい吸いこんで、期待と不安で高鳴る鼓動を鎮めようとしていた。

「ここにママがいるんだよね」

アシュラムのほうを振り返って、わかりきったことをまた聞いた。

「引っ越していなければいるはずだ」

三人は町へとつづく坂道を下っていった。

ザレスバーグは寂れた漁師町だった。人通りはなく、たまに見かけるのは老人ばかり。かわりに猫通りは激しくて、石畳の道のど真ん中を、のら猫が我がもの顔で闊歩している。建物の上にはみな屋上があり、そこで干物などを作っていた。

ここから世界最大の貿易港のあるトゥミスへは、馬で半日もかからないらしい。が、近過ぎるので、ここは商船の寄港地にはなっていないようだ。

ティミトラの家のくわしい住所はわからないので、町に着いてから探すつもりだった。狭い階段が多くて馬では動きづらいので、先に宿場に馬だけあずけてしまうことにした。

とりあえず目についた『ふぐ風船』という店に入った。入り口に膨らんだふぐの形をしたちょうちんがかかっている。中は一階が酒場で、二階が宿、というよくある造りの店だ。なので馬をあずける前に、酒場のカウンターでティミトラのことを聞いてみた。

「俺たちこの子の母親探してるんだけど。ティミトラっていう女の人、来たことない?」

カラスがたずねると、髪の薄い中年のマスターは即答した。

「来たことないな。トゥミスに行く旅行者はわざわざよってかないから、来たら忘れないはずだけど」

客はほかに一人しかいなくて、マスターは暇そうだった。

「旅行者じゃなくて、この町に住んでるはずなんだけど。赤毛の美人で、瞳の色はターコイズブルー。チタニア出身で、二十九歳。二年ぐらい前に耳の病気になって、耳が遠い」

「もしかしたら、出稼ぎに出てるどっかの娘かなあ」

「この子とすごく似てる」

カラスはカウンターの影に隠れていたララを椅子に座らせて、指さした。

「うーん……?」

さっきまであまり関心のなかったマスターが、あごを掻きながらうなった。

「その人、本当にティミトラっていうの?」

「そうだよ」

マスターは首をかしげ、カウンターの端のほうに座っていた漁師風の男に声をかけた。

「なあ、フェズ! この子、アデリーナに似てないか?」
次のページ