16章 片目の男 (1/3) ~ 共命鳥

16 片目の男

 

 

夜明け前のヴァータナの空に、一羽の始祖鳥が唐突に出現した。背には、同じく幽霊のように姿をあらわしたイェルサーガの隊長を乗せている。

巨大な鳥は寝静まった街路にひらりと舞い降りると、銀色の刃を縛りつけられた足を土につけ、花のような翼を折りたたんだ。ここは高官の居住区なので、早起きの商人も路上生活者もいなくて、とりわけ閑散としている。わずかに星が輝く空は瑠璃色で、月の光も明るかった。いまだ東に朝日の気配はない。

ザレスバーグを出てから、まだ三時間しかたっていなかった。今頃むこうでは囚人たちを乗せた船が出航している頃だ。この驚異的な速さは、瞬間移動を何十回も繰り返しつづけた結果である。

イスタファの能力には、遠くに山のてっぺんまで見えれば、そこまででも一瞬で移動できるが、三歩先しか見通せない部屋の中だと三歩先にしか移動できない、という欠点がある。なので、空から広い範囲を見渡せる始祖鳥は、高速移動の必需品だった。

イスタファは始祖鳥を降りて、塀にかこまれた屋敷の門を叩いた。両開きの分厚い木の扉の横についた小窓が開き、小間使いが顔を出した。眼帯で帯刀の男が立っているのを見ても、終止無表情だ。前にもここを訪れたことがあるので、だれだか知っているのだ。

「ご主人様にお会いしたい」

イスタファがそれだけ伝えると、事情を全部知っているかのように、すぐに門を開けた。小間使いは背が低く、内側から見ると、小窓の前には踏み台が置いてある。だが大人しそうな顔はしていても、目には油断ならない気配を漂わせている。この小間使いが物騒な力を持つ魔法使いであるということは知っていた。が、実際に見たことはないし、口にするのは必要最低限の言葉だけだった。

「始祖鳥は小屋につないでおきます。ご主人様は奥の書斎でお待ちです。案内いたしますので、どうぞこちらへ」

ほかの小間使いがやってきて始祖鳥を引いていき、イスタファは小男の後をついて行った。

書斎に入ると、シャンタンが行灯の灯りを頼りに書をしたためている最中だった。漆塗りの机の上に紙とすずりが並べてある。

「お早いですね」

イスタファがあいさつがわりに声をかけると、シャンタンは筆を置いた。

「歳をとると朝が早くなる。あまり早く起きすぎるとやることがないから、最近はこうして詩を写すのが日課だ」

書に興味はないが、なかなかの達筆だ。共命鳥がどうこうと書かれている。

「達筆ですね。鳥の詩ですか?」

「共命鳥はたとえ話に登場する架空の生き物だ。一つの体に善と悪、二つの頭をもっていて、善の頭は昼に起き、悪の頭は夜起きている。二つの頭はつねにおたがいを憎みあっていて、あるとき、片方がもう片方に毒を盛って殺した。だが、体を通して生き残った方にも毒がまわり、結局は両方とも死んでしまった。これは人間の詩だよ」

イスタファは自分の教養のなさを露呈してしまい、社交辞令で聞いたことを後悔した。子供の頃から戦場にいたので、兵法と戦闘訓練以外の教育は受けていないのだ。

「ザレスバーグでアシュラムの身柄と赤い魔石を確保しました。今ハザーンとモナンが奴を連れて船でむかっています。国内の港に入るには早くてもひと月、ヴァータナまで始祖鳥を使うなら、そのあと数日はかかるでしょう。アシュラムは、宮庭内に潜んでいる裏切り者から石を守り、敵をおびき出すために持ち出したと主張してます。それに、ティミトラは戦場で奴の命を助けたことがあるらしくて、娘を助けたのは、その恩に報いたかったからだと」

「それが本当なら義理堅い話だな。だが滑稽だ。そのチタニア人たちはどうした?」

「むこうでティミトラの協力を得るために必要だったので、釈放しました。『二人を逮捕しないなら協力して魔石を渡す』という取引を持ちかけられたんです。調べたところ、彼らはつい最近までチタニアの森にいたただの運び屋で、政治犯でもないし、利用価値はありません」

「今石は持ってきているんだろうな?」

「もちろん。ですが、渡す前に確認しておきたいことが……」

石を後まわしにされて不満げな口調で、シャンタンがたずねる。

「なんだ?」

「アシュラムが、ワイアードをはめてクレハ様に毒を盛ったのは貴方だと言っています」
次のページ