18章 無駄な努力 (1/4) ~ 武器商人の家

18 無駄な努力

 

 

プリモスの翼がハゲタカのように旋回している空の下。カラスは銃を構え、アシュラムの首にナイフを突きつけているイスタファの頭にねらいをつけていた。望みは一度きり。外したら最期だ。

カラスは引き金を引いた。……が、なにも起こらない。

「弾切れみたいだな。マヌケ野郎」

イスタファは手をかざして、

「死ね!」

と叫んだ。

カラスは危険を察知して、欄干から身を投げた。海面に落ちると、できるだけ深く潜りながら離れていく。水を掻くのに邪魔くさいので銃は捨てた。必死で泳いで後ろを振り返ると、暗い水中で、紫色の光線が雨のように降り注いでいた。その光の雨が止むまで待ち、急いで水面に浮きあがって我慢していた息を吸った。

船からあがる煙に炎が反射して、夜空が妙に明るかった。プリモスの翼が旋回をやめて遠ざかっていく。イスタファとアシュラムの乗った始祖鳥も飛んでいくのが見えた。

近くの無人島に降りたら、そこまで泳いでいってやる。

そう意気込んで始祖鳥を目で追っていたが、鳥は目視できないほど遠くまで飛び去ってしまった。

燃え盛る船とともに、カラスは海上にとり残されてしまった。船はもうすぐ沈没しそうだったので、巻きこまれないように離れた。一番近い小島まで泳ぎきり、岩棚によじ登って船のほうを振り返った。

巨大なかがり火と化した船が、上空に火の粉を散らしながら、徐々に黒い海に飲みこまれていく。船体が完全に沈んで見えなくなってしまうと、海はまた何事もなかったかのように、もとの静寂と暗闇を取り戻した。海上を漂う煙を月明かりが照らしている。

一息ついて、ハザーンからテレパシーで伝えられたことを考えた。

俺がザレスバーグで拷問されなかったのは、ティミトラがかばったからだ。考えてみれば簡単なことなのに、なんで言われるまで気づかなかったんだろう。いくら国のために働いてる人間とはいえ、彼女は自分の愛娘の命まで王に差し出すほど愛国心の塊ではない。ララを取り戻すために、前もってかつての部下たちと話しあってたはずだ。ついでに俺のことも。

謎が解けると、急にザレスバーグでの彼女とのやり取りを思い出して、自己嫌悪に陥った。

黒幕の武器商人と手を組んでいたのはイスタファで、すでに奴の口から彼女の正体がバレてしまっているかもしれない。武器商人の名前はリュンケウス。リチェとともに戦った英雄リュンケウスが、今ではプリモス兵器を売る死の商人であるということは、トゥミス国民ならだれでも知ってることだ。

ティミトラとリュンケウスの個人的なつながりが気になる。

だが今はそのことを考えている暇はない。彼女の安否はわからないが、正体がバレたら命取りだ。急いで行けば、まだ助けられるかもしれない。敵の本拠地がトゥミスなら、アシュラムだってそっちに連れていかれたのかもしれない。

目的地は決まった。
次のページ