最終章 ユニコーン (1/3) ~ 無邪気な世界

19 ユニコーン

 

 

目の前がまっ暗で、なにも見えない。

だれかが私を呼んでいる。

必死の呼びかけに、答えようとするのに、声が出ない。体も動かない。

呼んでいるのはだれだろう?

なんとかして目を開けようとして、急に光が見え、目がくらんだ。

「ララ、大丈夫?」

そう心配そうに声をかけてきたのは、セトだ。

まぶしさに目が慣れてくると、気遣わしげに覗き込んでいるセトの表情が、はっきりとわかった。その背後には、赤や黄色に色づいた木々が、青い空にむかって宝石のような枝葉をのばす、懐かしい森の景色が広がっていた。温かな昼の日差しが、セトの金色の髪と、ふっくらとしたバラ色の頬を照らす。セトは絞ったばかりの山羊の乳の入ったバケツを脇に置いて、地面に倒れているララの隣に膝をついてかがんでいた。

「うちに帰ってきたの……?」

ララが寝ぼけた声を出すと、セトは驚いて、

「帰ってきたって、最初からここにいるよ! ほんとに大丈夫? 転んだ拍子に頭を強く打ちすぎたのかも」

ララは体を起こし、すっきりしない頭をさすってみた。手を見ても、血がついたりはしていない。

「怪我はしてないみたい」

「先生に見てもらう?」

「大したことないよ」

そう言って、土や木の葉を払いながら立ちあがると、生い茂った草のあいだで動きまわっている白い生き物が目に入り、はっとした。

「チッチだ!」

小さな白い毛玉のような仔ウサギが、家の裏手の薪割り場のほうにむかって、飛ぶように走っていく。抱いていたのが、転んだときに逃げたのだ、と思った。押し潰してしまわなくてよかった!

ララはチッチを追いかけていって捕まえた。首に赤いリボンを巻いて、両手にすっぽり収まってしまうほど小さい。絶えず動いているピンク色の鼻と、愛らしいつぶらな瞳を見て、ララはにやにやした。

それから、切り株に斧が突き立てられたままになっているだれもいない薪割り場に目をやると、なにか妙な感じがした。
山羊の乳の入ったバケツを持ってあとを追ってきたセトに、ララは不思議そうな顔をして、

「今日はだれも薪を割らないのかな?」と言った。

「先にやったほうがいい仕事がほかにあったんじゃない」

「だれがやる日だったんだっけ?」

「さあ」

なにか忘れてるような気がする。なんだっけ?

ララは手の中でウサギが動きまわっている感触で我に返り、チッチのことを少し撫で、まあいいか、と思った。チッチはすごく元気そうだ。ちょっと前まで怪我をして元気がなかったのが嘘みたい。

山羊の乳を台所に置きに行くと、おばあちゃんが鍋で煮込み料理を作っていて、ぐつぐつと沸き立つ鍋から、食欲をそそられるいい匂いがした。山羊の乳を少し飲み、後は予定通り、ベリーを集めるために外に出た。
次のページ