プロローグ ~黒い城

プロローグ

 

 

人里から少し離れた断崖の上に、まっ黒な古城があった。

黒く塗られているのではなく、もともと城全体が、黒鉛のように黒いのだ。

巨大な建物なのに窓はほとんど見当たらず、空を刺すような無数の尖塔のまわりを、海鳥が飛び交っていた。

その殺伐とした景観のためなのか、それはもう長いこと、だれのものでもなく、だれのすみかにもなっていなかった。人々がその地にやってきたときには、すでに忘れ去られた名なしの墓標のように、崖の上にたたずんでいたのだ。

その古城に、どうやらなにかいるらしい。

小国トゥミスの住人たちが、そのことに気づいたのは、最近のことだった。

はじめは、崖の上の草原で羊の放牧をしていた娘がこつ然と姿を消し、すぐにまた似たようなことが起こった。

そして、一人、また一人と、住人たちが消えていった。
次のページ